魚介

出品しているお店一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

朝採れの生をその場で炊きあげ。いかなご釘煮

どや!大阪産いかなご釘煮(くぎに)

実は大阪産が めちゃうまい!

関西で、春を告げる風物詩のひとつ「いかなご漁」
淡路島や兵庫県の「いかなご」が有名ですが、実は大阪の港にも新鮮な「いかなご」が水揚げされています。

シーズン初めの漁は2月頃から。
3月半ば過ぎから、水揚げもどんどん豊かになってきます。「今年は昨年に比べたら水揚げが少ないなあ」と地元の漁師さん。
それだけに、大阪産の「いかなご」は特に貴重品となっています。

うまさにつながる鮮度が魅力

朝採れ一番 鮮度が命のいかなご

港がある地元の人たちは、朝に水揚げされた「いかなご」を朝一番に買い求め、その日のうちに美味しい「釘煮(くぎに)」にします。

「いかなご」は、時間を買うようなもの。誰かがそう言いました。
いかなごのような小魚は、鮮度が命です。水揚げの新鮮なまま、いかに早く料理するか、これがとても大切なこと。生のいかなごをお店で買うというのは、鮮度に値打ちがあるからです。

だからこそ、水揚げされた港のすぐそばで、釘煮にされたものこそ、極上の風味を楽しむことができます。

いかなごは、鮮度が命です!

老舗のつくだ煮屋さん が炊き上げる

朝一に水揚げされたいかなごを、漁港近くの老舗の佃煮屋さんが、鮮度があるうちに急げ急げと炊きあげています。
最近では、いかなごを生のまま大阪府内のスーパーにまで流通させることも可能になり、ご自宅で自前の「いかなごの釘煮」を作るご家庭も出てくるようになりましたが、「いかに早く炊きあげるか」が、うまさの違いに大きく影響します。

3月中旬過ぎが「今!」な頃合い

旬は小さいのん!

いかなごは、3月中旬ごろの小ぶりサイズが最もうまいと言われています。中旬を過ぎると徐々に体が成長し、お腹まわりに苦味が出てきます。この苦味が好きな方も多数いらっしゃいます。

シーズン初めの頃は獲れる量も少ないので、「相場」も高値となります。それでも「旬のハシリ」を楽しみたいという人たちに人気です。
里の幸であるタケノコを楽しむように、海の幸「いかなごの釘煮」を楽しむのが関西流です。

いかなごが、関西から全国に広まったワケ

毎年この時期(3月中旬)に「いかなご」を釘煮にして保存食とするのが、昔から地元の人たちの季節を楽しむ暮らしで、関西の食文化のひとつです。
いかなごが全国に広まったのは、実は阪神淡路大震災がきっかけです。
被災した人たちが厳しい状況に晒されながらも、例年通り「いかなごの釘煮」を炊き、「大丈夫です。元気にやってます!」というメッセージとともに、いつものように友人に送りつけました。

それ以来、春のこの時期になると「いかなごの釘煮」は全国に広くファンが広がっていったようです。

やはりごはんが似合う、いかなご釘煮

いかなご釘煮とゴハンは合う

今回は、そんな春の風物詩の新鮮ないかなごの釘煮の貴重な「大阪産」のご紹介です。
これまで限定で出荷されていたものですが、今回はその一部がネットでも販売されることになりました。

数量限定ですので、商品が無くなりしだい終了です。

朝一番に港から生で出荷される「いかなご」を、地元の老舗のつくだ煮屋さんで炊き上げた定評のある「いかなご」の釘煮(くぎに)です。 隠し味の生姜(しょうが)がほどよく香って、熱々ご飯にぴったりです。
副菜にもいいですね。「いかなご」の釘煮を熱々ご飯にまぜて、おにぎりにするとおいしいです。
お弁当の端にちょっといれるのもいいですね。

商品名 いかなごの釘煮(くぎに)
内容量 300g
生産地 大阪
仲卸業者 (株)タカショク
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)