メールマガジン

過去のメルマガ

平成28年3月4日号|バイキングレストランの上手な利用法について考えてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鮮度はうまさに直結! 大阪府中央卸売市場 公式ネットショップ
      http://www.osakafu-chuouichiba.com
 「中央市場マガジン・おおさか」第169号    平成28年3月4日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

__c0__さん、ではでは、今週も、はじまります。
よろしく、お願いします。

───────────────────────────────────

焼肉の食べ放題。
串カツの食べ放題。
ケーキの食べ放題。

好きなものをお腹いっぱい食べたーい!!
世間にそんなニーズが、あった。
とにかく、お腹をすかしていた。
そんな時代があった。

今は、どうでしょうか?

個人的な感想の話ではなく、時代のムードとして、
お腹いっぱい食べたいという要求は、それほど世間全体にはないのでは・・・。
食べものに関しては、それほど豊かな時代の今の日本ではないでしょうか。

食べ放題という言葉で、人を引き寄せるバイキングレストラン。
どうやらそれだけでは、あまり魅力には感じないのは、
このギリギリやすしだけでしょうか。

量をたくさん、とは望まない。
でも、いろんなごちそうを少しずつ食べたい。
そんな願望なら、ちょこっとあります。

旅先のホテルの朝食は、バイキングというのがもう普通です。
出張で、遠くの都市へ行くと、その土地ならではの朝食バイキングだったりして、
それがうれしい時があります。

それは、たくさんの量を食べるうれしさではなく、
いろいろなものを「ちょこちょこ」食べる楽しさです。

きびなごやさつま揚げがある鹿児島県のビジネスホテル。
明太子が食べ放題の福岡県のビジネスホテル。
朝からホタルいかが出てくる石川県のビジネスホテル。
味噌汁や、お漬物にも、それぞれの郷土色が出ていたりします。
美味しいものがちょこちょこ、いろいろある楽しさ。

大阪市内のホテルでは、
ランチバイキングなどを行っているところがいくつもあります。

美味しいものを、ちょこちょこ。

大阪の梅田にある新阪急ホテルの「オリンピア」は、
昼も夜も、そんなバイキングができる人気のレストランです。

大阪府中央卸売市場とのタイアップ企画である、「マルシェコーナー」での
中央卸売市場の目利きが選んだ野菜を使ったオリジナルスムージーの提供も
好評のうちに丸1年を経過して、
この3月からは、また新しいメニューの登場となっています。
(このレストランのメニューは、3か月ごとに新しくなっています)

「セロリとチアシード」、「春菊とアボカド、バジル」、
「トマトと赤キャベツ、みょうが」などの野菜を使ったスムージーです。
新鮮なサラダと共に、評判の企画です。

ところで、ギリギリやすしにとっては、バイキングレストランの難点として、
お料理を自分で取りにいかなければならないという面倒臭さがあります。

食べたら、また、次に取りに行く。
どうも落ち着いて食べることができない。

あれ食べよう、これ食べよう。

根がいやしいからか、今食べているものに集中できず、
今食べているものを食べ終わる前に、
次に食べるものを頭の中で探ってしまいます。

いろんな料理をちょこちょこ食べる楽しさは良いのだけれど、
トレーを持って、ウロウロお料理を取りに行かなければならないというのが
何とも、邪魔くさく、心落ち着かないのです。

でも、それを解決する方法を思いつきました!

新阪急ホテルのオリンピアの場合だと、和食、洋食、中華、それにデザートまで、
どれもこれも、手の込んだ料理で、
しかも目の前で、料理人さんが最後の仕上げをしてくれたりするものだから、
めちゃうれしい。

幸い、予約すれば個室が使えるので、今度は、誰かに招待してもらって、
自分は、あれ食べたい、これ食べたいというだけで、
一緒に行った人が、ごちそうを運んでくれたら、
こりゃ、ひときわぜいたくな気分を味わえるに違いありません。

そうだ、母親を連れて行こう。
嫁さんを連れて行こう。

母も嫁さんも、ずっとテーブルの前に座ってもらって、
自分がせっせとごちそうを運ぼう。
そうしたら、特別な贅沢気分を満喫してもらえるに違いない。
バイキングレストランの新しい利用法だ。

誰かの誕生日に、そんな利用法も良いんじゃないでしょうか。
ホワイトデーにそんな使い方も良いんじゃないでしょうか?

もし、ギリギリやすしがうんと若かったら、
合コンをここでやったかもしれないな。

女性陣には、ずっとテーブルの前に座ってもらっていて、
気に入ってくれそうなごちそうを次から次へと運ぶ。
ええ気分やろうなあ。

自分が「ぜいたく気分」を味わう前に、誰かにその気分を
あげよう、そんなことを思わせてくれた新阪急ホテルの「グルメバイキング」です。

中央卸売市場の目利きがススメル旬の野菜を使ったスムージー
http://www.osakafu-chuouichiba.com/reports/olinpia-3/

 

鰻好きの人におすすめです。!

ご自宅で、存分にうな重をお楽しみ頂けます。
やっぱり、炭火の手焼きの本物は、ほっくりとうまいです。
元気モリモリな気持ちになります、うなぎは。

ベテラン職人が手焼きする「炭火焼き」のうなぎの蒲焼です。
************************************************
炭焼きで、すごくおいしい! 市場の「朝焼きうなぎ」3,400円から。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/unagi-4/
************************************************

 

「ごっつぉさん」の昨日・今日・あした
*******************************************************
「今日はお父さんの命日だから」
そういって、焼き芋を5本買っていってくれた
70歳ぐらいのおばあさんが昨日いました。

自分が子供の頃、父が畑で芋を作り、
それを焼き芋にして食べさせてくれたという。

そんな話をしながら、お買い物をしてくれるお客さんがいることが
なんともうれしい。

焼いも専門店 「ごっつぉさん」
https://www.facebook.com/gottsosan/
大阪府茨木市総持寺駅前町5-29
電話番号 072-646-8898
*******************************************************

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
(^人^)感謝♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

▽お元気ですか~!!
3月です! 弥生到来! 春が来た!
この週末は大阪の気温も20℃前後まで上昇するとか。
厳しい冬は大嫌い。待ってたよ、小春ちゃん。
気温でも、仕事でも、人間関係でも、ゆる~いのは大好きです!

ゆるいと言えば、2月29日に「えっ?ゆるっ」な発表がありました。
文化庁の文化審議会が常用漢字について、字体・字形を幅広く認める
指針をとりまとめた、とのこと。

たとえば手書きの際、「木」の字の立て棒(縦画)の下は、
とめてもはねてもどちらでもよい。
「天」の字の横の2つの線(横画)は上が長くても、下が長くてもよい。
といった具合です。

なんでも役場や銀行の窓口で名前などを記入する際、印刷された明朝体
の文字に合わせて「とめ」や「はね」を書き直さなくてもいいように、
ルールを変更するんだそうです。

詳しくはコチラ↓
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/
2016022902.html

小学生の頃、学校の先生や母親から、「なんで木の字がはねてるの!」
とか、「上と下の横棒の長さが逆でしょう!」と、叱られるたびに、
「はねてもとめても、どっちが長くても短くても、そんなんどうでも
ええやん…… 小さいなぁ~」と、心の中で反発したものです。

でも今となっては、
それはそれでけっこう大切なことのような気もするんですが……
(まいく)

▽パソコン用メガネが使いづらくなってきたので眼鏡屋さんへ。
ひと月ほど前にもそう思って眼鏡屋さんへ行ったけれど、
その時のお店の検査では、今のままで良いという判定だった。

でもやっぱり調子が悪いので、別の眼鏡屋さんへ行ってみた。
すると検査のやり方がていねいで、分析的で、この前のお店とは違うやり方でした。
スタッフも経験豊かな感じがしました。
結果、レンズの度数を変えることに。
これですっきりした。

メガネは、デザインや店員さんの親切さよりも、
しっかりした検査に基づくアドバイスのあるお店で、
選ばないといけないなと思った次第です。
(ギリギリのやすし)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国からおいしいものが集まる天下の台所  鮮度はうまさに直結!
大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ
http://www.osakafu-chuouichiba.com
所在地
大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟5階
電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148
メール info@osakafu-chuouichiba.com
営業時間 9時~17時 (土曜、日曜、祝日休み)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
のメルマガは、大阪府中央卸売市場でお買いものをしていただいた方と
メルマガにご登録いただいた方にお届けしています。
登録の解除はこちらからできます。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=chuouichiba

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)