メールマガジン

過去のメルマガ

平成25年2月7日号|掘り出し物のとびきり、うまいミカン。美味しいカニを見逃さないで。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国からおいしいものが集まる天下の台所

「大阪府中央卸売市場」ネットショップ<a href=”http://www.osakafu-chuouichiba.com”>http://www.osakafu-chuouichiba.com</a>

 「中央市場マガジン・おおさか」  第15号  ? ? 平成25年2月7日号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

メルマガ登録、ありがとうございます。

ネットショップでのお買い物、ありがとうございます。

 

 

ではでは、今週もはじまります。

 

今週号の目次

————————————————–

 

1、掘り出し物のとびきり、うまいミカン 

    いちごでミカンを釣り上げたお話

 

2、美味しいカニを見逃さないで。最終です

    奥様から電話 どれくらいの大きさですの?

 

3、今こそ、ふぐが美味しい!ちょっとぜいたくに

 

————————————————–

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1、掘り出し物のとびきり、うまいミカン

———————————————————————————

 

 

__c0__さんは、ミカン好きですか?

 

ミカンの収穫時期は、11月、12月頃。

2月となった今も、ミカンは売られていますが、もう最盛期は過ぎたようです。

 

それでも探せば、美味しいミカンがまだありました。

しかも、とびきり美味しいみかん。

 

 

今回から新しく設置する「掘り出しものコーナー」で何か紹介しようと、

いくつかの仲卸さんに取材に伺っている中で見つけた掘り出し物のひとつです。

 

かなり、小ぶりです。

でも、とっても甘くて味が濃いんです。

 

 

普通のミカンは、直径7センチや8センチはあるけれど、その美味しいミカンは、

直径3センチぐらい。

外の皮をむいたら、そのままパクッと一口で食べたくなるような大きさです。

 

 

それが、じゅわーと、うまいんです。

 

 

和歌山のある1軒の農家さんだけが作っている特別なミカンです。

 

たくさんの量が収穫できるわけではないので、

どこででもだれもが簡単に買うことができるものではないらしい。

 

 

 

さて、そのミカンがなぜ、中央卸売市場で取引されるようになったか。

いちごでミカンを釣り上げた!

 

———————————————————————————-

数年前のある日、ある取引先の人が、

仲卸の東野さんのところで、お店では野菜中心で商いをしているのに、

東野さんからイチゴを大量に買っていくので不思議に思っていたそうです。

 

それで、その理由を聞いたところ

「このイチゴを持っていくと、ミカン山で

美味しいミカンを好きなだけもぎ取らせてくれるねん」

という情報を得て、その話を頼りに産地を訪ねたことがきっかけだったそうです。

 

 

それでも、さすがに美味しいミカンも最終便です。

ミカン好きなら、ぜひ、「いっといて」ください!

 

 

今週、いっぱいで終了になるかも・・です。

数に限りがあります。

◆——————————————————————————–

南紀 若野みかん Sサイズ 10kg(秀)【送料無料】 4,980円

http://www.osakafu-chuouichiba.com/item/1341001.html

◆——————————————————————————–

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

2、美味しいカニを見逃さないで。

最終です。

———————————————————————————-

 

 

かに、かに、かに。

 

大阪の道頓堀に行けば、あの大きなカニの看板が年中、手足をうごかして、

さあ、食べてやーと、誘い続けています。

 

ミカンに続いて、かにのシーズンもいよいよ終盤です。

そこで残り福になるか、カニのご案内です。

 

お店さんの手持ち在庫が無くなり次第、

ネットショップでの今シーズンのカニは終了します。

お見逃しなく。

 

 

そういえば、本日、お電話でご注文をいただいた奈良県のある奥様。

 

「来週、お客様が見えるので、かにすきをしようと思っています。

 

いつもはデパートへ買いに行くのですが、

先日テレビで中央卸売市場のネットショップのことをやっていたので、

それでお宅に頼んでみようと思って・・・・

 

ホームページに出ているあのカニって、大きさはどれくらいですか?

お値段安いから、ずいぶんと小さいように思うのですが・・・

 

 

そうか、

言葉では「大きいサイズ、4L~5L」と書かせていただいていますが、

パッと見てどれくらいなのか、瞬時には分かりにくいですよね。

 

 

お箸で取り出したこの写真なら、

どの程度の大きさか、分かってもらえますでしょうか。

http://osakafu-chuouichiba.com/item/6561007-2.html

 

 

今回は、スタッフのあきんこちゃんが、おうちにお友達家族を呼んで

盛大にカニ鍋パーティをしてくれました。

 

その模様は、編集後記にもありますので、そちらもぜひご覧ください。

その前に子供たちの喜ぶ姿。

http://www.osakafu-chuouichiba.com/topics_3.html

 

 

ところで、カニは食べたいけれど、2月じゃなくて、3月のひな祭りに食べたい。

子供の受験が終わってから、その合格祝いで食べたい。

子供の中学卒業祝いで食べたい。

そんな方はいませんか?

 

そんな方のために、今お買い上げいただいたもののお届けは、

2月と3月のお好きな日を選んでいただくことができます。

 

中央卸売市場さんは、でっかい冷凍庫をもっています。

3月までなら、美味しいカニをお届けできますよー。

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

3、今こそ、ふぐが美味しい!ちょっとぜいたくに。

 

———————————————————————————-

 

ふぐを食べるのって、やっぱりぜいたくですよね。

 

だって、お店で食べるとひとり1万円はするんですものね。

ちょっと安いところに行けば、5,000円程度というのもあるそうだけど。

 

 

男性は、仕事関係のお付き合いやなんだかんだで、

外でふぐをごちそうされたりすることもあるでしょうが、

家庭の奥様方は、なかなかそういう機会も少ないのではないでしょうか。

 

 

だからと言ってお誕生日祝いに家族でふぐを食べに行くとしたら、

一万円札が何枚もいることになってしまいかねません。

 

 

お札(おさつ)を気にせず、それこそ「たらふく」召し上がりたい方は、

ぜひ、この機会に中央卸売市場ならではの「活け〆とらふぐ」をどうぞ!

 

◆——————————————————————————–

活け〆とらふぐ 生冷蔵(みがき)  (白子なし) 6,800円

活け〆とらふぐ 生冷蔵(みがき)  (白子付き)7,900円

http://osakafu-chuouichiba.com/item/5541001.html

◆——————————————————————————–

 

 

 

■■■今週の中央卸売市場 豆知識 ワンポイント

———————————————————————————–

大阪府中央卸売市場では、まぐろ、鮮魚、果物などのセリが早朝から行われています。

鮮魚のセリは朝5時10分からです。

今の時期ですとその時間はまだ夜明け前ですので、外はまっくらです。

中央市場の中は、灯りが煌々(こうこう)と照らされ、威勢の良い声が飛び交っています。

———————————————————————————–

 

 

■■■募集しよっかな?

前回のメルマガで、ご案内させていただきましたグルメレポーターの件は、

まだ、引き続き考え中です。

今しばらくお待ちくださいね。

 

 

今回は、ここまでです。

あっ、「バレンタイン」のご案内ができなかった。

ごめんなさい。

 

オススメは、これです。

http://osakafu-chuouichiba.com/item/1161003.html

 

 

 

———————————————————————————

編集後記? ? ? ?

▽インフルエンザ、流行ってますね。。

うちの上の子の学年も学級閉鎖になるクラスも出てきてます。

みなさま、十分お気をつけくださいね!

 

さて、先日、友達たちと家パーティーをしてきました♪

中央卸売市場のネットショップで買った生ズワイガニ、6kg!!!

積み上げたら、高さ30cmくらいありましたヨ(*´▽`*)

 

「このカニ、めっちゃ美味しい~」

「身がいっぱい入ってるしすっごく甘~い」

「こんなにカニ食べたの、ほんと初めてだわ~」

「あきんこ、ほんとにありがと~!!!」

と、大大大好評~~v( ´∀`)v

 

みんなでカニを食べに行こうって言ってたんだけど、ネットでカニを買って

家で食べたのが正解だったワ☆彡

 

そんなに気を遣わなくて済むし、子供たちも飽きないし、何より、

一番下の子ども(今日で9か月の誕生日~(⌒⌒)HappyBarthday★)

がむずがらないからGooでした!!

 

カニ食べると無口になるな~、なんて言いながらも

子供たちはとてもはしゃいで、美味しい~!って(^▽^)

 

大満足してくれたみたい!

その時の写真を少し掲載しました~

→http://www.osakafu-chuouichiba.com/topics_3.html

 

しっかし、うちの旦那~(`-´)゛

また酔っぱらって、「ワイルドだろぉ~」を連発・・・

帰りもしつこいのなんのって・・・

 

あたしはまだ下の子どもがちっちゃいからまだ飲めないんだけど、

飲めるようになったら毎晩飲みにいってやるぅ~(`O´)

             (あきんこ)

 

 

▽こんにちは~!もう2月なんですね~。

年明けたばかりだと思ってたのに、ホント月日が経つのは早いもんですね。

 

最近、中国の大気汚染問やクロマグロが瀬戸内海で獲れたなど、

環境の変化についてのニュースを見て、

生鮮食品の安心安全について考えさせられる機会が多くなりました。

 

特に野菜や果物などは、これらの大気汚染の飛来によって

どれほどの影響が出てきているのか。

本来獲れないところで魚が獲れるということは

獲れていた場所で獲れなくなってきているということなのか。

絶滅危惧種に指定されたニホンウナギは、今季も各地で深刻な不漁なのだそうです。

 

日本の食文化はこれからも大きく変化していってしまうのでしょうか。

そして、私たちの食の安全は一体どのように守られるのでしょう。

 

国会でも焦点となっているTPP。

仮にTPP参加することになり、輸入品が拡大していっても、

日本の食品安全基準がゆらぐということはあってはならないと思います。

食の安全は将来においても守られなければなりません。

 

また、消費税が10%に引き上げられた際に、

軽減税率が導入されるのかといった話も出てきていますね。

ある調査では8割の人が食品の軽減税率導入を賛成しているようです。

食品、特に生鮮食品は日々の生活に直結するものですから、誰もが気になるところです。

 

安全な食品を安定的に適正価格で供給する、これは中央卸売市場の役割でもあります。

こういった観点からも、このサイトで情報を提供していければ、と思っています。

             (まっちゅ)

? ?

? ? ? ? ? ? ?

▽まいくです。

おかげさまで、昨日、無事退院しました。

 

15日間の入院生活でした。

その間、2回、『病院食』をテーマにメルマガを書きました。

 

きょうは自宅でこのメルマガを書いてますが、病院と食事について

最後のメルマガを書きます。

 

僕は食事のときはいつも、数人の患者さんが集まる談話室で病院食を食べてました。

食事の内容は、患者さんの病気によってさまざま。

 

消化器系の病気の患者さんは、お子様ランチの半分くらいの量しかない自分の食事と

僕の食事を見比べながら、

「あんたのご飯、いつも豪勢やな~」

(食事の内容については、前回、前々回のメルマガバックナンバーを読んでくださいね)

と、羨ましそうに言ってました。

みなさん、けっこう他人の食事が気になるのです。

 

さて退院前日のおととい、昼食時に新しいメンバーが加わりました。

 

齢80前後とおぼしき男性です。

 

娘さん(お孫さんかな?)らしき女性に付き添われて談話室のテーブルにつくのも、

「よっこらしょ」という感じなんですが、

その男性の食卓に出されたのは、小さなカップに入ったゼリー1個。

 

ほかの患者なら、せいぜい食後のデザートの1品程度のブドウ色のゼリーです。

 

その男性は、これもまた小さなスプーンでそのゼリーを食べ始めました。

でも、ゼリーをひとさじ口に運ぶたびに長い休憩、またおもむろにひとさじ…

というあんばいなので、カップのゼリーはなかなかなくならない。

 

ふと気がつくと、付き添いの女性のほかに看護師さん2~3人もその男性の周りに集まり、

「○○さん、がんばって」とか、「ほら、もうちょっと、ほらあと一口」とか、

声援を送り始めました。

 

そして、食べる、いや小さなカップのゼリーと格闘すること20分。

 

男性はとうとう、ゼリーをすべて食べきったのです。

ギャラリー(失礼)からは、「きゃー、○○さん、えらい~」の声。

ゼリーを食べつくし、「あ~疲れた~」といった風情で肩で息をする男性。

 

う~~~ん、ここにもまたひとつの『食』の風景があるんや!?

と、僕は妙な感動をおぼえました。

 

美味しいものを食べる。

腹いっぱい食べる。

 

食べるという行為には、そのときどきいろんな意味合いがありますが、

この男性の場合、さしずめ「生きるために食べる」といった表現があたるでしょうか。

 

小さなゼリーを制覇した男性に、僕も思わず心の中で拍手してました。

? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? (まいく)

 

 

▽車を運転していて、赤信号で、横断歩道の手前で止まった。

そこをハイヒールを履いた17、18歳ぐらいの女の子が歩いていた。

 

膝を、くの字に曲げている。

ものすごく歩きにくそう。

 

バランスをとるためでだろう、腰も少し前のめりに曲がっている。

 

がんばって、背伸びをしておしゃれしているのだろう。

ヒールの高さは8センチ以上あったのではないだろうか。

 

ほんまにあんな靴、あの娘が履いていいんやろか?

ほんまにあんな靴、売ってもいいんやろか?

ほんまにあんな靴、作ってもいいんやろか?

 

あの娘の膝と腰が心配や。

            (ギリギリのやすし)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。(^人^)感謝♪<br>

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このメールマガジンは毎週木曜日に配信します。

よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

全国からおいしいものが集まる天下の台所

大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ

<a href=”http://www.osakafu-chuouichiba.com”>http://www.osakafu-chuouichiba.com</a>

所在地

大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟3階

電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148

メール mail@osakafu-chuouihiba.com

営業時間 9時~17時 (水曜、日曜、祝日休み)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)