メールマガジン

過去のメルマガ

平成25年4月4日号|1本1,350円のフランスパンってどんなだと思います?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
全国からおいしいものが集まる天下の台所
「大阪府中央卸売市場」ネットショップ http://www.osakafu-chuouichiba.com
 「中央市場マガジン・おおさか」第23号    平成25年4月4日号
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ではでは、今週もはじまります。

もくじ

1、いったい誰が食べる? 1本1,350円のフランスパン。
2、夫婦喧嘩で困った時は、桜の花の塩漬けが役に立つ?
3、編集後記でおなじみの「まいく」が、タケノコに挑戦宣言!
4、大阪産のいかなごのくぎ煮
5、市場のキャラクター大募集!
6、土曜日に臨時号配信の予定 プレゼントのご案内・・・かも。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

———————————————————————————
__c0__さん、いつもお読みいただき、ありがとうございます。

春。
何かと急がしくて、花見どころやない!ということはないですか。

関西地方では、先週末には、桜も満開近しの予報がありましたが、
その後、この時期にしては強い冷え込みの日もあったりで、
咲いた桜も、1週間近く過ぎても、まだ枝にとどまって、
見においでと誘っているかのようです。

暖かくなったり、寒くなったり。
そうしながらも、少しずつ季節は移っていくのですね。
せっかくの春、なんとか季節を感じる時間を持ってくださいね。

私は、妻と「和解の桜」を見ました。
詳しくは、のちほど。

 

では、まず、驚きの商品のご紹介から。

1、いったい誰が食べる? 1本1,350円のフランスパン。
◆——————————————————————————◆

焼き立てのフランスパンって、いくらでも食べられちゃいませんか?
バタールやバケットなどの素朴な味わいのフランスパンは、
職人さんの技がさえていると、ほんとにおいしいです。

フランスパンは、1本200円~300円も出せば、
すごくおいしいものがいただけます。

でも、今回、中央市場内の珍味屋さん、「天一フーズ」さんがイチオシのフランスパンは、
1本1,350円もします。

えーー!?そんなに高いもの、誰が食べるって?
———————————————————————————–
1本1,350円のフランスパン?
http://osakafu-chuouichiba.com/item/6201053.html

天一フーズさん
———————————————————————————–

 

2、夫婦喧嘩で困った時は、「桜の花の塩漬け」が役に立つ?
———————————————————————————–

__c0__さん、
「ごめんなさい」の、ひと言ですべてが溶けることって
経験されたことはありませんか?

ギリギリのやすしです。
家から歩いて行ける少し小高い山のところに、素敵な蕎麦屋さんがありました。

先日の日曜日、妻に誘われて、半ば、いやいやそこに出かけました。

というのも数日前に夫婦喧嘩をして、
しばらく目も合わせず、話もしていなかったから。

(メルマガでえらい、告白をやっちゃいます。これもしょうばい、笑売。
この先読み続けて、泣いたり笑ろうたりしたら、何かひとつ、よろしく!
さ、さ、さっ、買うてや、買うてや~)

畳敷きの席の、目の前の窓の先には、池が見えていました。
そこには、満開のさくらが、幽玄な色香を漂わせているように見えました。

運ばれてきたお蕎麦は、桜の花を練りこんだ、季節感たっぷりのものでした。
(その時のお蕎麦の写真をサイトにアップしています)

しばらくして、妻が、「この間は、ごめん!」とポツリ言った。

 

おつゆでズルズル頂く前に、岩塩を少し振り掛けて蕎麦を食べた。
何とも言えない風味が鼻をぬけていった。
同時に、モヤモヤとした僕の中のわだかまりも抜けていった。

「赦し(ゆるし)たるワイ。機嫌をなおすワ。」
ほんとに素直に、そう思うことができた。

なんか世間様と男女の役回りが逆じゃないの、と責められそうですが、
いろんな夫婦があるものです。

さて、そんな手打ち蕎麦をおうちでつくることもできます。
桜の花が食材で使えます。

———————————————————————————–
桜の花 塩漬け 500グラム 1,350円
http://osakafu-chuouichiba.com/item/6201059.html
天一フーズさん
———————————————————————————–
もっとも、夫婦喧嘩なんかしないで、おいしいお蕎麦をいただいちゃってください。 
  (おそまつでした!!!)

 

3、編集後記でおなじみの「まいく」が、「たけのこ」に挑戦宣言!
———————————————————————————–

「たけのこ」は、今、おいしいのがどんどん掘り出されています。

来週からは、京都で「朝掘り」された「たけのこ」が
早朝の中央卸売市場に並びます。
高級品は、料理屋さんなどへと運ばれていきます。

「たけのこ」に、特別なこだわりがある方は、もう少しお待ちいただけると
京の「朝堀りたけのこ」をその日の内に市場から出荷して、
その日の夕方にご自宅にお届けする「即日便」(主に近畿県内、
ただし一部地域にはお届けできない場合があります)も計画しています。

一般的に、ご家庭でお召し上がりになるなら、今です。
今、でしょ。
(先週に引き続き、このフレーズが今回も高らかに響いています)

「たけのこ」は、少し黄色みがかっているものだと思われていませんか。
鮮度の良いたけのこは、見た瞬間、
「しろっ!」
と叫んでしまうくらいに、白いんです。

さて、ここからまいくさんにバトンたっち。
————————————————————————–
新聞のコラムに「春の食材は逃げて去る」という見出しがありました。

なるほど、タケノコ、わらび、新玉葱にタラの芽・・・
この時期の食材は、パッと登場して、さっと消えてゆく。
パッと咲いて、さっと散る、桜の潔さにも似てますね。

桜といえば、いまがまさに“旬”というか、満開ですが、
この週末は、近畿では春の嵐が吹くらしく、
どうやらおおかた散ってしまいそうです。

ならば、週末は花見の予定を変更して料理の日に。。。

“旬”の食材を自分できっちり料理して、しっかり楽しもうということで、
早春の食材の代表格、タケノコに挑戦することにしました。

いまなら中央卸売市場で、
“旬”(ということは、味、栄養が最高で、値段もお安い)の
タケノコが入荷中。
今年は、逃がしませんよ!! (まいく)

———————————————————————————–
たけのこ 4キロ 2800円
http://osakafu-chuouichiba.com/item/2271001.html

北部グリーンキングさん
———————————————————————————–

 

4、大阪産のいかなごのくぎ煮
———————————————————————————–
常備菜のひとつ、いかなごのくぎ煮をお買い求めなら、今がオススメです。

友人に大阪湾のいかなごのくぎ煮がおいしいでぇ、と教えてあげたら、

「えー、大阪湾でくぎ煮が獲れるのか。
それはすごいなー。くぎ煮が獲れるのか。・・・・」

ちゃいます。
大阪湾で獲れるのはいかなごです。
一番網で獲れたそれを漁港のすぐ横にある80年以上は続く、
老舗のつくだ煮屋さんで炊いたんがおいしいんです。

ほんま、大阪人は疲れます。
もちろん、こういう僕も大阪人です。

さて、「いかなごのくぎ煮」は、ページ上では、300グラム 1,800円となっていますが、
メルマガ読者の方は、お買い上げの時に、通信欄に「メルマガ見ました!」
と書いていただければ、300グラム1,500円のお買い得価格でお届けさせていただきます。
———————————————————————————–
いかなごのくぎ煮 大阪産  300グラム 1,800円
http://osakafu-chuouichiba.com/item/6561026.html

タカショクさん
———————————————————————————–

 

5、中央卸売市場のキャラクター大募集!
———————————————————————————–

先週のメルマガで少しご案内させていただきましたが、
中央卸売市場のキャラクターを募集させていただくことが正式に決まりました。

募集の内容については、今週土曜日(4月6日)のMBS毎日放送テレビの
人気番組「せやねん」をご覧ください。
もうあさっての話です。
http://www.mbs.jp/seyanen/

番組内で、大阪府中央卸売市場の紹介をしてもらいながら、
キャラクター募集のことについて案内される予定です。

漏れ聞くところによると、あっとおどろくプレゼントがご用意されているそうです。
ぜひ、ご覧くださいね。

遠方で見られない方のために、
次回メルマガでその内容を紹介させていただくつもりです。

中央卸売市場のキャラクター募集のことは、こちらにちょこっとあります。
http://osakafu-chuouichiba.com/yurukyara.html

 

最後になりましたが、その土曜日から、市場のサイトのレイアウトが変わります。
模様替えです。
さて、どんな風になっているか、よろしければ、土曜日にもう一度覗きに来てくださいね。

また、土曜日は、せやねんの番組終了後、臨時号のメルマガを配信するかもしれません。
そちらもどうぞ、お楽しみに。

 

■■■今週の中央卸売市場 豆知識 ワンポイント
———————————————————————————–
昭和30年代はもちろん、昭和40年代もまだまだ鉄道貨物の量がたくさんありました。
そのため、大阪府中央卸売市場には、JRからの引き込み線があります。
全国から貨物列車で、食材を届けられていました。
今は、トラック便が主役です。
でも、昔の名残で市場内には、貨物の引き込み線の跡が今も残っています。
———————————————————————————–

———————————————————————————
編集後記
▽皆さま、いかがお過ごしですか?? 桜が満開ですね☆彡
とってもいい季節になりました!!

さて、先日、家族で徳島に旅行に行ってきました(^ο^)ゝ
初めて鳴門のうず巻きを見て感動(。⌒∇⌒)。
すっごい大きな渦があっちこっちにありましたヨ!!!
子供たちも感動してました!

ルネッサンスリゾート鳴門というホテルに泊まったんですが
家族旅行にはとってもいいホテルでした(=^▽^)σ

トランポリンや輪投げなどの遊び場があって
隣接する海水浴場では、鯛などの釣り堀があったり
バーベキュー場所があったり。
スーパーボールすくいやくじ引きなど、まるで屋台村のような
楽しいところがいっぱいでした(≧∀≦)

ダンナは鯛めし用の鯛を初さばき!!
徳島は鯛、わかめ、文旦などの産地なのですね。
帰りには文旦をたくさんお土産に買って帰りました。

四国は遠いと思っていたけれど、1時間ちょっとで行けました!
今度は夏に行きたいな(= ̄▽ ̄=)
     (あきんこ)

▽こんにちは!!
今週初めに久々の家族旅行で四国・徳島に行ってきました!
家族にとってはいい思い出がたくさんでした旅でした。
個人的には、初の鯛の三枚おろしを体験したことが一番印象に残ってます。

活きている大きな鯛(たぶん天然)を絞めてウロコ取り。
ピチピチと活きのいい魚体を抑えながら、料理人に手ほどきを受けつつ
やり切りました!!

そのさばいた鯛の刺身と鯛めしは、ホントめちゃめちゃ美味しかったです!
刺身は新鮮でコリコリしてて、鯛めしは風味がしみ込んでて、最高~~(笑)
鯛めしレシピのコピーももらったし、今度は自宅でチャレンジしたいと思います!!
            (まっちゅ)

▽「陽気につられて…」
まいくです。
陽気につられ、満開の桜を求めてフラフラと散歩。
お酒も飲んでないのに、酔っ払った気分になるのが不思議です。
春に酔う・・・とでも申しましょうか?
でも、この週末、近畿には春の嵐が吹くらしい。あ~憎ったらしい
いまが盛りの桜もきょう、明日で見納めになりそうです。
はかない・・・ でもその潔さがいい・・・
(まいく)

▽僕は時々、ことわざや警句に助けられます。
なにかと苦しい場面の時には、
自分を励ましてくれることわざを見るようにしています。

「地獄にほとけ」
「待てば海路の日和あり」
「山よりでっかい獅子は出ん!」

そうすると、実際にその通りになっていくことがチョクチョクあるから不思議です。

ことわざって、全く正反対のことを示すものが結構あるんですね。
「地獄にほとけ」の反対を上げるとすれば、「泣きっ面に蜂」でしょうか。

僕はあえて、元気させてくれる言葉に吸い寄せられます。

希望こそ、人を奮い立たせ元気にさせてくれます。
苦しい時こそ、そんな言葉を自分に浴びせ続けたいものです。
だから、僕は、意識して、「元気の出る言葉」や「調子をださせてくれる言葉」を
手帳に書いて見るようにしています。
__c0__さんは、どうですか?

先週、春に聞きたくなる音楽ってどんなのありますか?とお聞きしたら、
いくつもお返事を頂きました。ありがとうございます。うれしかったです。

キャンディーズの「春いちばん」、尾崎豊の「卒業」、ユーミンの「春よ来い」
HiFisetの「卒業写真」・・・・。
みなさん、ありがとうございました。僕の春の音楽の世界も広がりました。

そういえば、HiFisetのことを、「ヒィーフィーセット」の曲、
ええなあと学生時代に言うてた友人が居ました。今、どないしてるやろ。
「ヒーハー!」
            (ギリギリのやすし)

最後までご覧いただき、ありがとうございます。(^人^)感謝♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
このメールマガジンは毎週木曜日に配信します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国からおいしいものが集まる天下の台所
大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ
http://www.osakafu-chuouichiba.com
所在地
大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟3階
電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148
メール mail@osakafu-chuouihiba.com
営業時間 9時~17時 (水曜、日曜、祝日休み)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このメルマガは、中央卸売市場でお買いものをしていただいた方と
メルマガにご登録いただいた方にお届けしています。
登録の解除はこちらからできます。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=chuouichiba

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)