メールマガジン

過去のメルマガ

平成27年10月9日号|リンゴと言えば青森県を思い浮かべる人がダントツに多いと思いますが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鮮度はうまさに直結! 大阪府中央卸売市場 公式ネットショップ
      http://www.osakafu-chuouichiba.com
 「中央市場マガジン・おおさか」第149号    平成27年10月9日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

__c0__さん、ではでは、今週も、はじまります。
よろしく、お願いします。

───────────────────────────────────

リンゴの産地として、一番に名前があがるのはどこでしょうか?

青森県?

そうですね。
年間の生産量は、46万トンで、
二位の長野県の16万トンを大きく引き離してダントツの1位です。
ちなみに3位は山形県(5万トン)、4位岩手県(4万トン)、
5位福島県(3万トン)・・・・と続きます。

青森県は、圧倒的にリンゴの生産量が多いです。

リンゴの収穫時期は、産地や品種によって違いますが、
おおむね9月から1月ぐらいです。

今では、リンゴの貯蔵技術が進んでいるので、
春先はもちろん、夏でもリンゴを手軽に食べることができます。
これは、生産量の多い青森県で
貯蔵されたリンゴがあるお蔭とも言えます。

だから、リンゴと言えば、
青森県とすぐ連想が働く人が多いようです。

 

では、美味しいリンゴは、どこのもの?

これは、端的に答えるのは難しいですね。
それぞれに美味しいのです。

たとえば、人気のリンゴのひとつ「サンふじ」
これなどは、長野県の志賀高原のものが11月ぐらいにピークを迎え、
その後12月には、青森県のものが市場に入荷されてきます。

志賀高原のリンゴを一度仕入れたら、
次は必ず志賀高原のリンゴが欲しいと指名買いされる
小売店のバイヤーさんがたくさんいる、という
仲卸の社長さんがいます。

リンゴなら青森というイメージが強いかもしれませんが、
実は、長野県産のリンゴが、めちゃめちゃ美味しいという「通」の声が
あることも知っておいていただいても良いでしょう。

今なら、志賀高原産のリンゴ「シナノスイート」の
予約をお受けしています。
リンゴは、大きなサイズが美味しいです。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/sinano_sweet/

 

その他のおススメ
=================================
紅優甘(べにゆうか)
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/beniyuka/
=================================

予約受付中です。
*******************************************************
つるし柿
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/shibu-kaki/

みかん。毎年評判の良い、和歌山の早生ミカンです。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/arida-mikan/
商品のお届けは、12月上旬を予定
*******************************************************

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
(^人^)感謝♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

▽お元気ですか~!!
ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智さんに、
同じ賞を3年前に受賞した、山中伸弥さんがこんなコメントを寄せてました。
「薬を天然に存在する物から収集するのは日本人の得意技だと思う。」

たしかに日本人は自然の恵みをありがたく、
また最大限効果的に活用することにかけては、世界でも有数の民族だと思います。

食材もまた然り。
野菜や果物、魚をそのまま食べるのではなく、
ひと手間、ふた手間かけて、素材の良さをいっそう引き出して食べます。

このメルマガ読者の皆さんだけにお話しますが、
市場ネットショップがなんとリアル店舗を構え、
『焼き芋』を販売する準備を着々と進めています。

市場に入荷する最高品質のサツマイモだけを厳選し、
ひと手間もふた手間もかけて焼き上げた焼き芋を、
ホカホカの状態で食べていただける店をつくろう、と本気で考えてます。

ホカホカだけでなく冷やしても美味しい、ヤキイモを超えた『焼き芋』。
近日販売開始! 乞うご期待!!
(まいく)

▽上記の「まいく」から、お披露目がありましたが、
今、ネットショップの「アンテナショップ」の開店を準備中です。
大阪の阪急京都線の総持寺駅前です。
屋号は、「ごっつぉさん」です。
ご馳走様の大阪弁です。
中央市場にかかわる当店らしい「焼き芋屋」さんになる予定です。
   (ギリギリのやすし)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国からおいしいものが集まる天下の台所  鮮度はうまさに直結!
大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ
http://www.osakafu-chuouichiba.com
所在地
大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟5階
電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148
メール info@osakafu-chuouichiba.com
営業時間 9時~17時 (土曜、日曜、祝日休み)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは、大阪府中央卸売市場でお買いものをしていただいた方と
メルマガにご登録いただいた方にお届けしています。
登録の解除はこちらからできます。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=chuouichiba

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)