メールマガジン

過去のメルマガ

平成28年7月8号|“う”から始まる食べものを食べると夏負けしない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鮮度はうまさに直結! 大阪府中央卸売市場 公式ネットショップ
      http://www.osakafu-chuouichiba.com
 「中央市場マガジン・おおさか」第188号    平成28年7月8日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

__c0__さん、ではでは、今週も、はじまります。
よろしく、お願いします。

───────────────────────────────────

昨日は七夕でした。
ササの葉に願いことを書いた短冊を結びましたでしょうか?

小さなお子様のおられるおうちでは、
七夕も楽しい行事のひとつですね。

ギリギリやすしが子供の頃は、短冊を付けたササを、
近くの川(1級河川の淀川)の鉄橋から、投げ落としたものです。
友達の家族もやってました。

川には、いろんなササが流れていきました。

遠い昔の話。
どんな願い事を書いたのか?
さっぱり覚えていません。

♪星に願いを♪
こんな素敵な曲がありましたね。
https://www.youtube.com/watch?v=A0L5TnemXJs

 

さて、今月末の7月30日は、土用丑の日です。
この時は、一年でもっともたくさんの鰻が食べられます。

昔、夏の鰻は売れなかったそうです。
鰻の旬は、冬ですから、夏は注目度が低かったのです。

江戸時代のこと、鰻屋さんが、夏にうなぎが売れないで困っていました。
それを、平賀源内さんが「本日丑の日」という張り紙を店に貼るようにアドバイスしたことで、
うなぎ屋が大繁盛することになったということです。

これは、「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」
という風習があったからです。

ひょっとしたら、「うどん屋」とか「梅干し屋」とかでも良かったかもしれません。

 

平賀源内さんの発案が広がりに広がって、今では、土用の丑をめがけて
鰻の販売セールのオンパレードです。
コンビニでも予約受付がされています。

集中し過ぎじゃ、あーりませんか?

市場ネットショップでは、7月25日から7月31日までは、
鰻のお届けをストップさせていただきます。
いつものように、確実に大きな美味しい鰻をお届けすることを
お約束できないおそれがあるからです。

美味しい鰻をご希望でしたら、7月25日までにどうぞ。
もしくは8月1日から後のお届け希望でお願いします。

市場の鰻は、朝焼き、手焼き、炭火焼きです。
炭火で焼かれた鰻は、身がしっとりと柔らかく、皮が美味しいです。
長年継ぎ足しで作られた専門店のタレの香りもまた美味さを引き立てています。

焼きたてをそのまま、お届けしています。
近畿地方には、「即日便」で、焼き上げたその日にお手元にお届けすることもできます。

ご家庭に居ながらにして、専門店のうな重を存分に味わっていただけます。
*****************************************************************
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/unagi-4/

 

 

「ごっつぉさん」の昨日・今日・あした
**************************************************************

焼き芋好きのお客さんはたくさんいてくれます。
それでも、やはり気温が30度を超えると、
焼き芋のイメージは、しぼんでしまいます。

そこで、焼き芋屋は、夏にはわらびもち屋さんに変身するのが
世の常識というものです。

ごっつおさんでは、冷やし焼き芋と冷凍焼き芋、それに、
鰻やフルーツでお客さんにちょこっと
振り返ってもらえるようやってます。

先日、来店されたお客様のひとこと。
「おいもさんを食べてるって、
女子力アップにつながるイメージないですよね」

ところがどっこい、そんなことはないですよ。
さつまいもはビタミン類が豊富な上に、食物繊維もたっぷり。
特に皮の部分は、腸内細菌の餌にもなって、ヨーグルト並の効果も期待されます。

腸の状態が良くなると、結果として、お肌にも良い影響が出てきます。
というわけで、腸の状態からお肌へ。
女子力アップです。

夏も、美味しい焼き芋をどうぞ。

間もなく、ネットでも販売を始めます。

★ごっつぉさん倶楽部の今週の当選番号 No.410

**************************************************************
焼いも専門店 「ごっつぉさん」
https://www.facebook.com/gottsosan/
大阪府茨木市総持寺駅前町5-29
電話番号 072-646-8898
**************************************************************

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
(^人^)感謝♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

▽お元気ですか~!!
夏祭りの季節です。今は見なくなりましたが、子供の頃、
夜店にいくと必ず鰻釣りに挑戦しました。

大中小の鰻が100匹くらい、にゅるにゅるとうごめく
水槽の縁で中腰になり、釣竿を手に獲物を探します。
釣竿といっても、細い竹竿の先端にU字型の針を糸で結わえ付けただけの簡単なものです。
鰻のエラにその針を引っ掛けて吊り上げるのです。

竿はたしか50円から3千円くらいまで数種類のランクがあり、
小学生の僕はいつもいちばん安い50円の竿しか買えません。

その貧弱な竿でもなんとか釣れそうなこぶりの鰻に狙いをさだめ、
「えいやっ!」の気合でエラに針を引っ掛けます。

しかし鰻が嫌がって首を振ると、安ものの竿のか細い糸は
いともたやすくプツンと切れて、それでお仕舞い。
なけなしの50円は5秒ともたずになくなります。

でも金魚すくいでは味わえない“大人の遊び”の醍醐味にはまり、
近所で夜店があると50円玉を握りしめて、一目散・・・
鰻釣りの露天に向かいました。

ある日、奇跡的に鰻が釣れました。
といってもドジョウの数倍ほどの太さしかない小さな鰻です。

でもそのときの嬉しく、誇らしかったこと。まさに英雄気分です。
すぐに露天のお兄さんに割いてもらい、
ビニール袋に入れてもらって走って家に帰りました。

それを母にわたすと、どこでそんなことを習ったのか、
鰻の骨を醤油、味醂、酒と一緒に煮込んでタレをつくり、
わずかばかりの身はガスレンジで蒲焼きにしてくれました。
クックパッドなんてない時代のことです。

鰻を料理するには職人業が求められます。
『串打ち3年、割き8年、焼き一生』
一人前の鰻の蒲焼き職人になるには、
これほどの長い年月がかかる、と言われています。

でも、職人でもなんでもない母が料理した鰻の蒲焼きは、
人生でいちばん美味しく、思い出深い鰻丼です。
(まいく)

▽カンカン照りの日差しの中、
今年も海に泳ぎに行きたい。

昔は「サンオイル」とやらで、小麦色の肌が注目された。
夏のプールにそのオイルのニオイがあちこちで漂っていた。
海の砂浜には、そのオイルの入れものが転がっていた。

当時、コーラが格別うまい飲み物に感じていた。
ちょっと冷えたスイカも、種を飛ばしながらほうばった。

ちょっと気が早すぎるけれど、夏休み。
https://www.youtube.com/watch?v=j0cyWtZmLzc

こっちもいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=9HInQDjCCRc
(ギリギリやすし)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国からおいしいものが集まる天下の台所  鮮度はうまさに直結!
大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ
http://www.osakafu-chuouichiba.com
所在地
大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟5階
電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148
メール info@osakafu-chuouichiba.com
営業時間 9時~17時 (土曜、日曜、祝日休み)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
のメルマガは、大阪府中央卸売市場でお買いものをしていただいた方と
メルマガにご登録いただいた方にお届けしています。
登録の解除はこちらからできます。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=chuouichiba

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)