メールマガジン

過去のメルマガ

平成28年5月20日号|さわやかな初夏の風の中、こんな曲はいかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鮮度はうまさに直結! 大阪府中央卸売市場 公式ネットショップ
      http://www.osakafu-chuouichiba.com
 「中央市場マガジン・おおさか」第180号    平成28年5月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

__c0__さん、ではでは、今週も、はじまります。
よろしく、お願いします。

───────────────────────────────────

大阪の最高気温は、昨日28度を超えました。
今日は、29度を超えるとの予報です。

暑い夏がそこまで来ています。
昨日の湿度は、40%程度で、少し風も吹いていたので、さわやかな初夏。
ギリギリやすしは、がぶり!とセロリをかじってみたくなりました。

そこで1句
「五月晴れ  市場の屋上  セロリかむ」

オソマツ!

この季節を音楽で、いろどりを添えるのに、ユーチューブをおひとつ。

ちょっと気が早いかもしれませんが、
尾瀬の風景を歌った「夏の思い出」は、
心を晴れやかにしてくれます。

ちょっと、お聴きになってみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=A9RD1v8ix_A

続いて、「夏は来ぬ」が流れてきます。
そのまま聴いていると「朧月夜」もやってきます。

どうです?
しばしの心の洗濯、いかがですか?

まもなく梅雨入りとなります。
その前に今一度、このさわやかな季節を味わい尽くしましょう。

 

さて、夏のごちそうのひとつに、鰻(うなぎ)があります。
暑い夏を元気に過ごす。
その助けになるイメージがある鰻。
精をつける。

煙とあの香ばしい匂い。

野外は、カンカン照りの太陽で暑い中、
お店の厨房で、炭火が赤く「いこっている」様子が力を呼び起こします。
昔は、そんな鰻専門店が町の中にいくつかありましたが、
今は、ほとんどなくなりましたね。

鰻は絶滅危惧種に指定されたから?
値段が高いから?
なんかそれだけじゃないように思います。

「美味しくもない鰻」が、平気で売られるようになったから。
ギリギリやすしは、そんな気がしています。

私は鰻がキライ、という人が案外多いです。

確かに近頃、一般に流通している鰻のかば焼きを食べたりすると、
鰻嫌いになるのもしかたないなあ、と思います。

皮がゴワゴワしていて、まるでゴムを噛んでいるよう、という人もいます。
味つけもカラメルや化学調味料などでされるのが普通で、
あれでは、「美味しい」と思う人はまあ、いなくなるでしょうね。

お店によっては目をむくほどびっくりするほどのお値段だったりします。
うな重を鰻専門店で食べようと思うと、ひとり4,000円前後もすることもあります。

「高級品です」という演出をしたいのか、
お店の雰囲気も肩がこるような様子のところも少なくないです。
うなぎの専門店はどうしてあんなお店の雰囲気のところが多いんでしょうね。

ギリギリやすしは、うな重が好きなので、いろんなところへ食べに行きましたが、
値段と味に納得できるところは、ほんとに数少ないです。

なんとかならんのか!
ずーっと、そう思っていました。

昔、夏には鰻があまり売れませんでした。
今は、夏に鰻がよく食べられるイメージがあります。
「土用丑」の時に鰻を食べることを、広めた平賀源内さんのおかげですね。

でも、鰻のことをよく知る市場の人は、
土用丑の時に鰻を食べるのは、損だよといいます。

土用丑の時は、世間で、たくさんの鰻が必要とされるので、
それこそ、いろんな鰻が流通します。

鰻を食べるなら、土用丑の時は外したほうがいいに決まってるよ。
「通」のおやじさんは、そう教えてくれます。
なるほど、なるほど。

さてさて、どうして、いまいち美味しくない鰻がいくつも流通しているのか?
理由はいくつか在るでしょうが、ギリギリやすしは、
これがひとつの理由ではないかと思っていることがあります。

うなぎは、炭火でじっくり焼き上げると美味しくなります。
炭火がうなぎをほっくり美味しくしてくれます。
皮も香ばしく、美味しくなります。
ただ、それには「手間」がかかります。

だから、たいていの鰻のかば焼きは、ガス火で焼かれます。
味も調味液を使って整えられます。
本来のタレのおいしさからは程遠いですね。

ここの中央市場には、毎日、朝の1時ぐらいに全国各地から生きた
鰻が届けられます。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/unagi-4/

それを毎日、炭火で手焼きにして、それを朝の6時ぐらいに
再び市場に持ってきて販売されます。
これは、お寿司屋さんや百貨店などで人気の朝焼き鰻として
飛ぶように売られていきます。
もともと鰻専門店を経営した親父さんが焼く、ごちそうの鰻です。

極上の炭火、手焼き鰻です。
まさに、一級専門店の鰻です。

これで「うな重」を作るともう、格別の味わいです。
今なら、美味しく召し上がっていただけます。

というわけで、朝焼き、炭火焼きの鰻のオススメです。
これで、元気をつけて、梅雨を迎え撃とうではありませんか。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/unagi-4/

 

 

「ごっつぉさん」の昨日・今日・あした
**************************************************************
先週の土曜日、お店でうな重を召し上がっていただいた3名のお客様。
「焼き芋専門店」の看板のかかっているお店で、
「鰻専門店」の看板を掲げるその辺のお店に負けない
美味い「うな重」を出す勢いでサービスを始めました。

なぜ、こんなことができるのか。
それは、中央市場に仕入れに行けば、炭火手焼き朝焼きの美味しい鰻
を手に入れることができるからです。

フェイスブックから、お客さんの喜ぶ姿をご覧ください。

現代のよろづや、美味しもんのセレクトショップ、ごっつぉさんの
自慢の品の新たな登場です。

焼いも専門店 「ごっつぉさん」
https://www.facebook.com/gottsosan/
大阪府茨木市総持寺駅前町5-29
電話番号 072-646-8898
**************************************************************

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
(^人^)感謝♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

▽お元気ですか~!!
GW中のこと、タンスの引き出しを整理してると
お線香の箱が出てきました。
10数年前、身内に不幸があったときに、
友人がお供えにおくってくれたものです。

当時はうっかりしていて気がつかなかったのですが、
箱の中に封筒に入った手紙が入ってました。
便箋には失意の只中にいる僕に寄り添ってくれる
友人の心遣いが、そのまま文字になって並んでいました。

今更ながら、「ありがたいな~」と心に浸みました。
今もその友人は同じ職場にいます。
近々、お酒にでも誘おうと思います。
手紙のことは黙って・・・
(まいく)

▽昨日は、オレンジと、グレープフルーツ、それにメロンの試食。
こんなに試食できるお店はないでしょう、という勢いで
来店されるお客さんに楽しんでもらいました。

そして、オリジナル「ミックスじゅーちゅ」
喜んでもらえました。

お中元用くだものの予約も受け付けを6月からスタートします。

うまいもんのセレクトショップ、現代版よろずや。
だからうな重もまぐろ丼もある。
そんなお店が、茨木市にある「ごっつぉさん」です。
(ギリギリのやすし)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国からおいしいものが集まる天下の台所  鮮度はうまさに直結!
大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ
http://www.osakafu-chuouichiba.com
所在地
大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟5階
電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148
メール info@osakafu-chuouichiba.com
営業時間 9時~17時 (土曜、日曜、祝日休み)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
のメルマガは、大阪府中央卸売市場でお買いものをしていただいた方と
メルマガにご登録いただいた方にお届けしています。
登録の解除はこちらからできます。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=chuouichiba

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)