メールマガジン

過去のメルマガ

平成25年7月4日号|50歳以上の人にこそ召し上がっていただきたい、ハモ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
全国からおいしいものが集まる天下の台所
「大阪府中央卸売市場」ネットショップ http://www.osakafu-chuouichiba.com
 「中央市場マガジン・おおさか」第35号    平成25年7月4日号
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

__c0__さん、ではでは、今週もはじまります。

もくじ

1、50歳以上の人にこそ召し上がっていただきたい、ハモ。なぜなら・・・
2、本マグロ、生はやっぱり美味しい。鮮度はうまさに直結!
3、日本のマルセイユが、今、注目。
4、じぇじぇじぇ~!これなんですか~~?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1、50歳以上の人にこそ召し上がっていただきたい、ハモ。なぜなら・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都の祇園祭り、大阪の天神祭り・・・
7月は、この夏祭りでにぎわいます。

この時期になると、関西ではハモを食べます。
でもねえ、ギリギリやすしは、ハモをあまり美味しいと思ったことは
なかったんです。
そう、「過去形」です。でも、今は違います。

昨日、骨切りした活けハモをお家で、調理しました!!
仲卸の亀田水産の社長さんに教えてもらった通りにやってみました。

まず、湯引き。
熱湯に数十秒くぐらせたあと、氷水につけて梅肉でいただきました。
上品な味わいです。

残りのお湯を沸騰させて、骨を入れ、
少しの塩と醤油とお酒をたらして「おすまし」に。

滋味、じみ、じみ。
さかなのうまみがココに出ています。
日本のおとなの世界の上品な味わい、としか言いようがありません。

季節の食べ物のひとつとはいえ、
残念ながら、居酒屋でハモの湯引きを注文して、
この「おすまし」が一緒に出てくることは、まずないのではないでしょうか。

すでに湯引きされたスーパーの店頭のハモにも、この出汁が付いては来ません。
「だし」です。「でじる」ではないですよ(笑)

ハモは、この「おすまし」をいただいてこその「味わい」と思い知りました。

(そういえば、去年の夏、このハモのおいしさをこーさんに教えてもらってから、
1年がたっていました。)
http://www.osakafu-chuouichiba.com/hj/1/

 

湯引きの後は、ハモしゃぶ。
昆布だしに、たまねぎのスライスを入れ、そこでハモをしゃぶしゃぶして、
ポン酢でいただきました。
〆は、そうめんです。(雑炊もいいですね)

ごちそうでありました!

たらふく食べるというのではないのに、ジワーッとしたうまさを堪能しました。

57歳になった今だからこそ、味わえるごちそうのような気が致しました。
大学生の娘や嫁さんは物足りないゾ!という表情をしていました。

関西の夏のハモは、「おとなの時間」を思い起こさせてくれるもの、
そう確信した昨日の夜です。

50歳を過ぎた人なら、ぜひ、一度おうちで味わっていただきたい
ハモの湯引きとハモしゃぶです。

いや、50歳以下の人でもぜひ、背伸びして一度お召し上がりください。

あ~~、う~~!

「おすまし」で、きっとうなっていただけると思います。

きれいな水が豊富で、季節のお魚がいただける。
自然とともにある日本の料理の一端の奥深い味わいを
夏が本格的に始まる前に、ぜひ、お楽しみください。

身体に染みわたる「おすまし」のうまさにぜひ、しびれてください。

====================================================
活けハモ 5,800円 (送料別)
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/ike-hamo/
亀田水産さん
====================================================

 

2、本マグロ、「生」はやっぱり美味しい。鮮度はうまさに直結!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日の本マグロ(生)プレゼントの当選者の方が、
楽しい食卓の様子を写真で送ってくださいました。

丸いテーブルに並べられたごちそうが、
豊かなだんらんの喜びを教えてくれています。

やっぱ、息子、娘、孫・・・、大勢で円卓を囲んでごちそうをいただきながら
ワイワイガヤガヤ、これに勝る喜びはそうそうないでしょう。

あやかりたいものです。
ということで、ワンショット!

====================================================
ごちそうのテーブル写真です。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/reports/maguro-2/
====================================================

====================================================
本マグロ、「生」は、やっぱり美味しい。
鮮度はうまさに直結しています。
お中元でのお届けもできます!
山間部にお住いの人にお届けすると泣いて喜んでもらえます。

本マグロ 生 2,900円~

http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/rawmaguro-block300/
仲卸 コモリさん
====================================================

 

3、日本のマルセイユが、今、注目。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マルセイユといえば、フランス。
でも、鳥取県や福井県にも、同じマルセイユがありますっ。

「マルセイユメロン」です。

これ、今が旬のまっ盛り。
メルマガ読者の皆さんなら、もうよくご存じのように
果物の旬のピークは1週間から10ほどです。
美味しいものをいただくには、タイミングがとーっても大事。
今でっせーーー!

====================================================
マルセイユメロン 2,800円(送料別)

http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/melon-marseille/

仲卸 東野さん
====================================================

 

4、じぇじぇじぇ~!これなんですか~~?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『旅ごはん・初夏の三陸海岸をレンタカーで疾走(4)』をアップしました。
今回はクイズにお答えいただいた読者の中から、抽選で1名の方に、
本マグロ(生)500グラムをプレゼントします。

まずは、読んでください、見てください。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/travels/201306sanriku-drive-4/

それと、メルマガ読者の皆さんに、特別大サービス。
クイズのヒントです。

昔は、「海のギャング」と恐れられ、
今は、ヒレが中華料理の食材とかに使われて、絶滅危惧種の仲間入りも近いとか・・・
そんなお魚のハートです。

ご応募、お待ちしてま~す!!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
∇お元気ですか~!!
三陸を旅してると、珍しくて美味しい食べ物によく出会います。
とくに海産物が豊富。

今回1週間巡っただけでも、“ふのり”、“ほや”
それと今回の『旅ごはん』のクイズになった、“モーカの星”を見つけました。

まだまだ、いっぱいあるんでしょうね!
そのうち、このネットショップでも、“三陸珍しくて美味い海の幸セール”を
ぜひ企画したいですね。(まいく)

 

▽大阪難波に「道具屋筋」というのがあります。
飲食店の人たちが、食器や調理器具などお店で使う道具を売っている
お店がいくつも並んでいます。

先日、そこで、「うな重」の器を買いました。
せっかくのうなぎをおいしくいただくには、
やっぱり容器にも気を使わなくっちゃということで。

買ったのはひとつだけです。家族4人分は買えません。
4つも買ったら嫁さんに叱られるに違いありません。
「しまうところがないでしょ!」

と言うより、そんなに繰り返しうな重を家で食べることなどありません。
器を買ったのは、美味しいうなぎを皆さんに紹介する撮影用に買っただけです。
http://www.osakafu-chuouichiba.com/items/unagi-3/

食器棚の器を見るたびにうな重が食べたくなるだろうなあ。
       (ぎりぎりのやすし)

最後までご覧いただき、ありがとうございます。(^人^)感謝♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは毎週木曜日に配信します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国からおいしいものが集まる天下の台所
大阪の大阪府中央卸売市場ネットショップ
http://www.osakafu-chuouichiba.com
所在地
大阪府茨木市宮島1-1-1 大阪府中央卸売市場管理棟3階
電話 072-648-7114   FAX 072-648-7148
メール info@osakafu-chuouichiba.com
営業時間 9時~17時 (水曜、日曜、祝日休み)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このメルマガは、中央卸売市場でお買いものをしていただいた方と
メルマガにご登録いただいた方にお届けしています。
登録の解除はこちらからできます。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=chuouichiba

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

過去のメルマガ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る

お買い物ガイド

お支払方法
クレジットカード・代金引換・銀行振込
使用できるクレジットカード
商品のお届け
日本郵便・ヤマト運輸でお送りいたします。
運送会社
お届け日
在庫がある商品:翌日~翌々日に発送
在庫のない商品:5日~1週間程度で発送

ただし、市場が休場の場合を出荷日とすることはできませんので、ご了承願います。
送料
送料は常温・冷蔵・冷凍、配送地域によって変わります。
常温の場合(基本ゆうパック便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 648円
関東・東京・信越・九州 761円
東北 1080円
北海道・沖縄 1450円
冷蔵・冷凍の場合(基本ヤマト便となります)
北陸・東海・近畿・中国・四国 864円
関東・東京・信越・九州 972円
東北 1188円
北海道・沖縄 1620円
ギフト対応
「のし対応」が可能です。ご希望の方はご注文時にお申し付けください。(ラッピング、メッセージカード等の対応は原則しておりません)